文旦 マツコも唸った土佐のみかんの実際の口コミ評判レビュー

最近気になっているのが、「マツコの知らない世界」でも紹介されていた美味しい幻のみかん。
その中でも土佐の文旦(ブンタン)が人気になっているけどどうなの?と思って、口コミや評価を調べてみました。

土佐の文旦(ブンタン) 人気 ランキング

人気なのはこちらです。
↓ ↓ ↓ ↓
CHECK !>>土佐の文旦(ブンタン) 人気 ランキング

特に私がいいなあ、と思ったのは「ご家庭用・マルケン露地文旦の玉数おまかせ(見た目の良くないご家庭用)」です。

見た目が良くないちょっと訳ありですが、味は贈答用の文旦と変わりません。

訳ありだから、お値段もお安く、量も10kgとお値打ちで購入できるところがいいです。

土佐文旦の特徴:ここがお勧め!

「マツコの知らない世界」で紹介されたことでさらに人気が出た土佐文旦ですが、どんなところが人気の秘密なのか?

具体的なポイントをご紹介します。

販売者さんの文旦紹介動画

甘さが上品

一般的なみかんである、温州みかん、オレンジ、ポンカンなどの糖分は蔗糖(ショ糖)という、砂糖と同じ糖分です。

それに対して、土佐の文旦の糖分は、字和ゴールド、晩柑、グレープフルーツと同じ黄色系柑橘なので、ショ糖ではなく、ハチミツの糖分と同じ果糖なんです。

文旦は上品な甘さというのは、はちみつと同じ果糖だから、というのが理由です。

文旦は三種類の味が楽しめる

はしり 2月~2月中旬

 
収穫したての新鮮な風味と酸味が特微。

身は締まっており、酸味はあるが、フレッシュな味を味わえる。
長期保存ができるので、日にちが経過するにつれて味がまろやかになっていきます。

さかり 2月下旬-3月中旬

まさに土佐文旦の旬の真っ盛り。

酸味と甘味のバランスが最もとれた、一番美味しい時期です。

少し寝かせると、さらに深みのある味を楽しめます。

なごり 3月下旬-4月上旬

この時期は完熟状態です。酸味がほとんどなくなり、まったりと甘くおいしくなっている時期です。

芳香な香りと濃厚な味わいの「尾を引く文旦」です。

名残時期の文旦は、熟しているので、皮が少しシワシワな状態になってきます。

皮が剥きにくい

とれたてのブンタンは、皮が硬いので少し剥きにくいです。

そんな時にあると便利なのが厚皮のみかんの皮むきもらくらくできる
「皮むき器 ムッキーちゃん」です⇒

ムッキーちゃんの使い方

土佐の文旦 実際の口コミ評判は?!

実際に文旦を購入された方々の感想・口コミですが・・・

香りに癒されます 50代女性
家庭用なので、訳ありで十分です。

香りがほんとにイイです、癒されます。
はしりの時期の収穫したての文旦なので、果肉はまだまだ若いのか少し硬めに感じます。

これはこれで楽しんで、次の時期のものも取り寄せて、いろいろな文旦を味わってみたいです。

ついつい食べすぎてしまいます 60代男性

採れたての文旦なので、ちょっと革が固くむきにくかったですが、あっさりした上品な甘味でとても美味しいです。

せっかくのお取り寄せなので、少し置いて楽しもうと思っているのですが、ついつい毎日一個は食べてしまうので、保存したものを食べれなくなりそうです。

また、注文しなければいけなくなってきました。

日が経つに連れ甘さが増してきます 30代 女性

さかりの時期の文旦を取り寄せましたが、箱を開けた瞬間からとてもいい匂いがして、まさに今が食べ頃という感じで、実際食べてみても甘くてとても美味しかったです。

届いてから10日位経ちましたが、届いてすぐに食べたものと比べると、更に甘味が増している気がします。

なごりの時期のものも注文しようと思っています。

さいごに

同じ文旦でも、時期によって完熟度に違いが合って、違う味が楽しめるなんて、ちょっと不思議なミステリアスなみかんなんですね。

3種類の果物と言ってもいいのでしょうか。

うちは田舎なので、近所のお店では手に入れることができないので、絶対お取り寄せしなければいけません。

というわけで、早速注文してみます。

でも、時期によって味わいが違うということは、3回注文して食べ比べなければいけないのかな。

それに、テレビ番組の「マツコの知らない世界」で紹介されたということは、全国区の人気商品になってしまったので、品薄状態のなっているかもしれないですね。

これはすぐに注文しないといけないです。